サイトのタイトルをヘッダーに表示する方法【WordPress関数】bloginfo()|ためになるWordPressブログ

WordPress

ブログやWebサイトのトップページやその他のページには上部、いわゆるヘッダーにはそのWebサイトのタイトルが表示されているかと思います。

自分でコーディングしてWebサイトを作る場合はh1タグ等で直接書き込んでしまえばいいのですが、それがWordPressテーマの場合はそのテーマ使用されるWebサイトごとのタイトルを表示しなければなりません。

例えばこのブログで言う赤枠で囲った部分がそれです。

そこで使用するWordPress関数が

bloginfo()

です。

これは関数の名前からも想像できますが、そのWebサイトのタイトル以外の情報も引っ張ってこれたりします。

では見ていきましょう。

説明

WordPress Codex

WordPress Codexにはこうあります。

サイトの情報を表示させる関数です。情報の殆どは、プロフィールや一般設定などの、WordPress 管理画面で入力されたものです。この関数はテンプレートファイルの至るところで使うことができ、その結果は常にブラウザーに表示されます。PHP の中でこれらの値を使う必要がある場合は、get_bloginfo() を用いてください。

テンプレートタグ/bloginfo – WordPress Codex

説明にあるget_bloginfo()との違いは、
bloginfo()がサイトタイトルなどの情報を取得して出力するのに対し、
get_bloginfo()は取得のみを行います。

get_bloginfo()はPHPの関数などで情報を取得して出力させずに別のことに使う場合に使用します。

今回はタイトルを表示することが目的なのでbloginfo()を使用します。

bloginfo()で取得・出力できるもの

画像にあるようなサイトのタイトル、キャッチフレーズ、サイトアドレスなどを取得して出力することができます。

かなりたくさんのことができるのでWordPress Codexで確認してみましょう。

使い方

ではタイトルを表示させる場合の使い方を見ていきます。

実はやることはかなりシンプルです。
header.phpにこう書いてしまいましょう。

header.php

<?php bloginfo(‘name’) ?&gt

nameというのが管理画面の設定で入力したサイトタイトルを表示するためのものです。ここがdescriptionだとキャッチフレーズ、urlだとサイトのアドレスが表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

bloginfo()はWordPressテーマを作るときには必ずと行っていいほど使うものなのでぜひ覚えておきましょう。

<title>タグにタイトルを出力したい場合は以下の記事を参考にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました