<title>タグにタイトルを表示する方法【WordPress関数】add_theme_support(‘title-tag’) |ためになるWordPressブログ

WordPress

ウェブページにタイトルを表示するときhtmlではタグを使用しますが、WordPressでは<title>タグにそのページのタイトルを出力する関数があります。

add_theme_support(‘title-tag’)

です。

使い方を見てみましょう。

説明

WordPress Codexにはこうあります。

テーマやプラグインが特定のテーマ機能をサポートすることを許可します。テーマから呼ばれる場合、動作させるためにはテーマのfunctions.phpファイルの中で指定されなければなりません。アクションフックにより、プラグインからも呼び出し可能です。

関数リファレンス/add theme support – WordPress Codex

自動翻訳された文章のようで少し日本語がアレですが言いたいことはわかりますね。

今回はタイトルを表示することが目的なのでadd_theme_support(‘title-tag’)として使用しますが、このadd_theme_support()はサムネイル画像やカスタム背景などを出力することもできます。

使い方

ではタイトルを出力するときの使い方を見ていきましょう。

add_theme_support(‘title-tag’)を使うときはfunctions.phpに記述します。

このように書いてみましょう。

functions.php

<?php
function theme_setup() {
 add_theme_support(‘title-tag’);
}
add_action(‘after_setup_theme’, ‘theme_setup’);

?>

今回の場合だとtheme_setup()という名前で関数を作り、タイトルを出力するadd_theme_support(‘title-tag’)をその関数に入れます。
最後にadd_action()でテーマのfunctions.phpが読み込まれた直後に実行されるようafter_setup_themeを使用し、作成したtheme_setupを実行させます。

またfunctions.phpに上記のものを書いたことによりtitleタグが出力されるので、header.php等に直接書いてあるタイトルタグは消してください。

出力結果

では出力されたものを見てみましょう。

これは私が現在作成しているテーマの一部ですが、titleタグが出力されているのがわかります。

出力されるタイトルの内容についてはWordPress管理画面の一般設定で入力したサイトのタイトルが出力されます。

まとめ

add_theme_support()では他にもできることが多いのでWordPress Codexでも確認してみましょう。

アクションフックについては下記の記事でも触れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました