かんたんにスタイルシートのURIを取得できる!【WordPress関数】get_stylesheet_uri()|ためになるWordPressブログ

WordPress

今回はとてもシンプルなWordPressの関数、

get_stylesheet_uri()

について説明していきます。

説明

WordPress Codex』にはこのように書いてあります。

現状のテーマで使われているスタイルシートの URI を返す関数です。

関数リファレンス/get stylesheet uri
-WordPress Codex

実にシンプルですね。

get_stylesheet_uri()はスタイルシートのURIを”フルパス“で返します。

フルパスとは

フルパスとは絶対パスとも呼ばれます。

“パス”はファイルやフォルダの名前を示す情報です。

その”パス”が”フル”であるということ。

つまりこのブログですとこうなります。

https://blotame.com/public_html/wp-content/themes/style.css

最初のフォルダからすべてを示すのが”フル”であるということです。

index.php同じテーマ内の『themes/style.css』という書き方だとフルパスとはいいません

使い方

get_stylesheet_uri()は下記の記事のようにWordPressでは通常wp_enqueue_style()を使用してその中に書くことが多いです。

function.php

wp_enqueue_style( ‘sample‘, get_stylesheet_uri(), [], wp_get_theme()->get( ‘Version’ ) );

wp_enqueue_styleの2つ目の引数がCSSのURL(URI)を記述する部分になります。

そこにget_stylesheet_uri()を記述してテーマのCSSファイルを引っ張ってきていて、結果はこうなります。

出力されるHTML

<link rel=’stylesheet’ id=’sample-css’ href=’http://◯◯.com/wp-content/themes/style.css?ver=1.0.0′ type=’text/css’ media=’all’ />

まとめ

get_stylesheet_uri()は比較的シンプルな関数で使い方もわかりやすいです。

WordPressでは直接CSSのURIを記述せずにget_stylesheet_uri()を使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました