【完全初心者向け】WordPressとは何?無料ブログとの違いも解説

WordPress

このページにたどり着いたひとはWordPress(ワードプレス)がホームページを作るためのものくらいは知っているかもしれません。

ではWordPressとはそもそも何なのかについて考えていきたいと思います。

WordPressでHTML言語がわからなくてもホームページが作成できる

ホームページを作成するには本来HTMLという言語が最低限必要となります。

文章をHTML言語の中に入れ込んで(マークアップといいます)入力することでホームページ上で表示されます。

その文章を投稿画面上で入力するだけでHTMLでマークアップし、さらにCSSという言語で文字の装飾やページのレイアウトまで設定してくれるのがWordPressです。

WordPressはCMSのひとつである

WordPressはCMSのひとつであると言われます。

CMSというのはコンテンツ・マネジメント・システムのことで文章や画像などを管理してHTMLの知識がなくてもホームページやブログを作成するシステムのことです。

CMSにはWordPressの他にもホームページビルダーやDreamWeaverなどがありますが、CMSの中でWordPressのシェアは60%以上、そして全世界の35%のウェブサイトがWordPressで作られているという圧倒的なシェアです。

無料ブログとは何が違うのか

WordPressはCMSであるという通り文章や写真などの”コンテンツ”を”マネジメント”(管理)してホームページ(ブログ)作成をかんたんにしてくれる”システム”です。

なのでホームページを置いておくサーバーなどは自分で用意しなければなりません。

一方で無料ブログはサーバーごと貸してくれるのでよりかんたんにブログを始めることができますが、できることが限られてしまうのが難点です。

住宅に例えてみるとWordPressが持ち家、無料ブログが賃貸アパートと言う感じですね。

持ち家であるWordPressでは、自分で土地(サーバー)を用意してから、家を建てます。その家を建てる部分がWordPressです。住み始めるための手続きや準備は少し大変ですが、生活する途中で増築や改築など自由にできるのが魅力です。

賃貸アパートである無料ブログは、土地や部屋などはすでにできあがっていますので住み始めるのがかんたんですが、自分の家ではないので壁に穴をあける工事や増築などは自由にできません。また大家さんの都合によってアパート自体が取り壊しとなり突然退去せざるを得ない状況になるかもしれません。

WordPressの使い方を学ぶには?

とりあえずブログ運営をしたい、かんたんなホームページを作りたいということでしたらまず、

使ってみることが一番です。

WordPressの入門書は多く出ていますがまずは使ってみることが一番です。

なんせWordPressは圧倒的なシェアを誇るCMSですからググれば情報もたくさん出てきます。

少し使ってみて、手元に本があったほうがいいようなら使ってみるのもいいかもしれません。

上記の本は私も持っている本で画像を多く使ってわかりやすく説明してあります。少しWordPressをいじってから買ったのでこの本は基本的なことすぎてあまり使いませんでした。

まとめ

WordPressはかんたんなホームページを作ることはもちろんですが、プログラミング言語を学んで知っていくといろいろなことができて奥が深いものです。

おしゃれなブランドサイトなどもWordPressで作らていることが多いので参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました